2020年01月12日

あけましておめでとうございます。

2020年、あけましておめでとうございます。はじまるのにいい時期になりましたね。

前年は「修繕」の年でした。自分自身がボロボロだったのは理解していました。なので、
大切に大切になおしていきました。それは7割くらい達成できたと思います。

今年は「飛躍と繋がり」。自分のもっているものを困っている人に提供しアピールし
好きを研究していきます。

細かい者は全く決まっていないんですがこんな私を宜しくお願いします。

burrow_of_f at 14:13|PermalinkComments(0)

2019年10月14日

【短文】ふじやなぎはちからをためている


台湾旅行に行った時に感じた事とか、アイコンかいてくださった方のこととか。
かきたいことたくさんありますがまだ充電中です!
しばらくおまちください!!!


皆様が今日も明日も幸せでありますように。 

burrow_of_f at 22:22|PermalinkComments(0)

2019年09月30日

【試行錯誤】傷ついて生きていく


私には得意技があります。
それはどんな優しいと評判の目上の人も怒らせることができるです。
何の役にもたちません。

はじまりは中学生頃です。
クラスの合唱大会で温和な音楽の先生がいらっしゃったのですが
どうも一人音が外れていたらしくやんわり指摘されました。

そしてここで私は軽いパニックを起こしてしまい「わかりません」と
とにかく「その場をやり過ごす」言葉を言ってしまいました。
そうすると語気を強めて「わからないじゃないよ!」と叱られてしまいました。
後にも先にも音楽の先生に叱られたのは多分私だけです。

だいたい私自身に原因があります。
事前の予習を怠ったり相手の「やさしさ」を過剰に信じてしまったり。
(責任のありかはあくまでも「相手にはない」と念をおしておきます)

いつまでも他人を怒らせては私もつまらないし相手などもってのほかです。
しかし私は自分がパニックに陥ってしまうともはや自分ではどうにも対処ができない。
感覚的なことを申し上げれば「自分の軸が抜かれ、地面があるのにないようなどうしようもなく不安になる浮遊感」につつまれてしまい考えるどころではないのです。


得策はその場を離れ、落ち着くまで待つことですが誰もかれもが自分の事情を
理解するわけではなくむしろ腹が立つでしょう。


しばらくそれに対して悩んでいましたが先日私は
「相手を怒らせてしまう」ことについてある結論を出しました。


相手の感情を自分はどうすることもできないし自分の行動で100%何かを決めることはできない。
それこそ今まで通り試行錯誤していくしかないし、大人しく傷つこう。

そして一人になれたときにゆっくりと癒そう。


傷つきたくない、というのはほぼ万人共通の願いです。
色々なハウトゥーがあると思います。もちろんそれらも使います。
その上で「傷つくことは自分で選ぶことはできない」といい意味で諦めよう、という
結論に達したのです。私が渾身に傷つきたくないと思ったならばニュースどころか
アニメもゲームもできない見られない、自分の世界に閉じこもって歪むしかないのです。
それは私の望むものではない。

傷ついた上でそれを「相手から傷つけられた」ですまさず
力としていけたらなあ、というのが次の課題かなあって思ってます。

同じことで躓いてもその度になにかまなべたらいいな、とおもう私でした。


※私自身のことなので他の人に「こういうひともいるんだよ!」って私の記事を引用してぶんなぐらないでくださいね!その人の傷はその人にしかわからないのですから。



 

burrow_of_f at 00:30|PermalinkComments(0)試行錯誤